トメ「私が嫁子さんを教育・指導するために我が家に住み込む」エネ夫「母さんに色々教えてもらおうよ。君のためだよ」【3/5】