俺『あの』嫁「なにー」俺「あのー」嫁「だから何?」俺『あ、あの…』嫁「うわーん」→嫁の泣き声で同居している義父が駆け込んできた→義父「どうした!」俺『実は…』